SOCIAL VIDEO GEEK

AGENCY

広告事業 - YouTuber動画や実況の影響力を核に広告効果を最大限に引き出すブランドやゲームのマーケティングパートナー。

Enter Site

STUDIO

プロダクション事業 - ソーシャルビデオに特化した映像製作。各国一等地に自社スタジオを抱え、台北の渋谷と呼ばれる西門町の街頭実況スタジオは様々な実況イベントが行わる若者の中心地。

Enter Site

CREATOR

YouTuberパートナー事業 - 100倍の成長潜在能力を持つクリエイターを発掘し、未来のソーシャルビデオスターを育成。

TECHNOLOGY

ソリューション事業 - ソーシャルの解析からクリエイター発掘、視聴者獲得、マネタイズ、ライツ、業務管理などを行うプロダクト開発。

Enter Site
COMPANY

カプセルはソーシャルビデオに特化したグローバルカンパニーです。動画・番組制作からキャスティング、マーケティング、PRまでを一連で提供できます。各事業部にそれぞれのプロフェショナル人材が集結し、国内外の著名ブランド及びゲームに最先端のマーケティングサービスを提供しています。
2014年から台北、香港、上海と毎年拠点を広げ、日本企業のゲームアプリやインバウンドマーケティングの海外支援実績を重ねています。



日商點子膠囊股份有限公司 台灣分公司
CAPSULE TAIWAN Inc.

2014年7月24日 設立
108-46 台北市萬華區成都路6號(西門商業大樓) 2樓、7樓、11樓



HISTORY


2017年8月 收購泰國網絡廣告公司,並於泰國成立子公司
2017年7月 上海に中国拠点を設立予定
2017年4月 台湾支社拠点を2フロア増設し、1,2,7,11階にオフィススペース及び複数STUDIO設置
2016年7月 台湾西門町に研究開発を行うLABを開設
2016年3月 日本本社を福岡から東京渋谷に移転
2016年1月 第三者割当増資により法人3社から3,500万円の資金調達を実施
2015年7月 香港子会社を設立
2015年3月 台湾西門町にSHIRYOUKO STUDIO設立
2015年1月 第三者割当増資により日台中の個人投資家から900万円の資金調達を実施
2014年7月 台湾支社設立
2013年11月 日本福岡にて会社設立


MANAGEMENT


代表取締役社長 CEO

埴渕修世(小哈)
HANIBUCHI SHUSEI

大学時代にロンドン、上海交通大学に留学。日中英、ビジネスレベル。2008年、ネット広告会社アドウェイズ就職。09年、中国アドウェイズに赴任し、日系欧米系企業の中国マーケティングに携わる。12年、アドウェイズの台湾企業買収後、子会社化ともに取締役として経営及びスマートフォン関連ビジネスの立ち上げを行う。13年、カプセルジャパンを創業し、CEOに就任。


業務副總 VP of BD

亀貝康明
KAMEGAI YASUAKI

2008年大学卒業後、株式会社カービューに入社。営業として国内外のWEBサービスを担当。11年には上海に渡航し就職。主に上海の日系企業のマーケティングに従事。14年帰国後、クルーズ株式会社にてゲームアプリマーケティングを担当し、CMからデジタルまで携わる。16年3月からカプセルに参画し、同年9月から役員就任。


行銷副總 VP of Marketing

蘇美甄
ESTHER SHU

2006年から大手教育出版社でのマーケティング業務からキャリアを開始。インフルエンサー企業の超人気で動画マーケティング、楽天でデジタルマーケティングを担当。16年にカプセルに参画後、17年より役員就任。キャリアの間にフリーでウェディング業界の司会やコンサルも経験。



MISSION


To bring out one's creativity and possibility

自分の夢を叶えるためにいっぱいの希望を持ってゼロからはじめました。その後に会社は多少成長して人も多くなりました。ただゼロの時と同じようにそれ以上に、弊社にもそして全ての物や人に無限のパワーと可能性があり、世界を変えていけると信じています。
弊社の事業は時と共に変わっていますが、物や人に無限のパワーと可能性を提供していきます。クライアントのプロダクトやブランドに、弊社のクリエイターやIPに、プロダクトのユーザーその人や弊社社員自身も。



WAY


THINK WITHOUT BOUNDARY

何か会社のスローガンを創りたい、と会社の特命メンバーに考えてもらって生まれたのがこの言葉でした。その時に集まっていた社員はゼロの時のように「様々なボーダーを超えて常識を覆す」ことを仕事に望んでいる人達です。


Think what i / you want

「自分はどうしたい?」経営メンバーが1日に1度は口にしている言葉でした。誰かに言われたからでなく、自ら考え、自分の意思を持つことで行動に深みが出ると考えています。

CAREERS
ENTER SITE
CONTACT US